ストーリー
scroll

ストーリー

ロシア

4歳からバレエを始め、ボリショイ・バレエ団のバレリーナを夢見るロシア人の少女ポリーナ。貧しい家庭環境で育ちながらも、バレエへの情熱は人一倍強く、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられていた。その後、ボリショイのバレエ学校へ通うポリーナは、ひたすら練習を続け、将来有望なバレリーナへと成長。両親の金銭問題に悩まされつつも、憧れのボリショイ・バレエ団へのオーディションに無事合格し、フランス人ダンサーのアドリアンとも恋に落ちることに。ところが、入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスとの出会いによって、運命が大きく変わろうとしていた。自分のなかに湧き上がる感情を抑えられなくなってしまったポリーナは、約束されていた輝かしいキャリアを投げ打ち、両親の反対を押し切ってアドリアンと南フランス(エクス・アン・プロヴァンス)のコンテンポラリーダンスカンパニーへ行くことを決意する。

南フランス/
エクス・アン・プロヴァンス

たどり着いた先では、著名な振付家のリリアによる厳しい指導のもと、これまでのスタイルと異なるダンスに戸惑いつつも、新たな挑戦へと立ち向かっていた。しかし、新天地で待ち受けていたのは夢と愛に葛藤する日々。気持ちばかりが空回りするポリーナは、ついに練習中に足に怪我を負ってしまい、いつしかアドリアンともすれ違うようになっていた。その後、怪我は回復するものの、美しいだけで何も感じられないダンスであることをリリアから指摘され、ついに役から外されてしまう。ダンスにも恋人にも見放され、すべてを失ったポリーナ。新たな居場所を求め、ベルギーのアントワープにひとり降り立っていた。

ベルギー/アントワープ

自分の力だけで生きていくことを決めたポリーナは、オーディションや仕事探しに明け暮れる毎日。結果を出せないまま時間だけが過ぎていき、ホテル代すら払えない状況まで追い込まれてしまうことに。両親にも真実を伝えられず、どん底を経験したポリーナだったが、ようやくバーでのアルバイトが決まり、ふたたびダンスを始めることになる。そんなある日、偶然目に留まったのは、子どもたちにダンスを教えている舞踏家のカール。彼の即興的なダンスに刺激を受けたポリーナは、ようやく自分らしく踊ることの喜びを知るのだった。そして、カールからの提案で、振付家としてモンペリエ・フェスティバルへ2人で挑戦することになり、新たな一歩を踏み出すことに……。